宿泊してゆっくりと過ごそう!東北のお勧めスキー場3選!

人気はトップクラス!岩手県の安比高原!

岩手県の安比高原スキー場です。ゲレンデ総面積は282haで、日本でも有数の広さをほこります。また、このスキー場の雪は「アスピリンスノー」と呼ばれる水分の非常に少ない雪で、雪質が大変良いことでも人気をよんでいます。ゲレンデは初心者から上級者まで楽しめる作りになっており、コースも豊富でスキーに訪れた人々を飽きさせません。周辺施設も充実しており、7000台の収容力をほこる大駐車場や、温泉、宿泊施設までゲレンデのすぐそばに併設しています。宿泊してもすぐにゲレンデに出てスキーを楽しむことができます。

樹氷の中を滑ってみよう!蔵王温泉スキー場!

山形県の蔵王温泉スキー場です。蔵王の名前も有名ですが、それ以上にゲレンデ上部の「樹氷」が有名でしょう。スキーを楽しむ方々だけでなく、純粋に樹氷を見物に来る観光客までいるぐらいです。ゲレンデ自体は日本最大の面積をほこり、一日で全てを滑ることはとても困難なほどです。宿泊施設も充実しており、スキーだけでなく温泉もゆっくりと楽しみたい、というニーズがあれば温泉旅館がお勧めです。また、スキーを存分に楽しみたい、という方にはゲレンデ内のホテルが良いでしょう。こういったそれぞれのニーズにあった選択肢が豊富なことも、このスキー場の魅力でしょう。

宿泊でゆっくりと楽しもう!八甲田スキー場!

青森県の八甲田スキー場です。ゲレンデのコースの多さは安比高原や蔵王にはかないませんが、魅力はそのコースの長さです。一度、ロープウェイで登ってしまえば、全長5kmにも及ぶ長いコースが待っています。急斜面あり、林間の緩やかなコースもある、緩急併せ持つ非常に楽しいコースです。また、短く、緩やかなコースもあり、初心者でも楽しめるコースもあります。宿泊施設もロープウェイ近くにあり、スキーを楽しみ、ゆっくりと宿泊も可能です。このスキー場の隠れた魅力は5月までスキーが可能なことです。ゴールデンウィークにスキー旅行なんて、中々楽しいですよ。

スキーツアーでは、乗り換えを行うこと無くスキー場までアクセスでき、スキー板などの荷物を持っていく場合でもスムーズに移動できます。